SaaS note

B2B SaaS企業の代表ブログ。SaaSに関する話題や日々のあれこれ。

会社の余命は?創業初期に最低限知っておきたいこと

f:id:h-omata:20170629093854j:plain

今回は、創業初期に最低限抑えておきたいお金周りの話題を取り上げます。

会社の余命は?

例えば、月々の収益(Revenue)が100万円で、費用(Cost)が150万円であれば、毎月50万円が会社の銀行口座からなくなっていくことはわかるでしょう。もし、会社の銀行口座に500万円しかなければ、この会社の余命はあと10ヶ月ということになります。

どれだけお金を使ったかという指標には、“Burn Rate(バーンレート)”というものがあります。その中でも、“Gross Burn Rate(グロスバーンレート)”というのが、月々の総コストを意味します。そして、“Net Burn Rate(ネットバーンレート)”というのが、月々の総コストから収益を引いた値を表します。
上記の例で言えば、グロスバーンレートは150万円となり、ネットバーンレートが50万円となります。

ネットバーンレートがマイナスになることがあれば、それは黒字化しているということです。赤字を垂れ流しながらでも急成長を目指したい場合を除いて、大抵の企業は少しでも早く月々の収益が費用を上回る状態を目指す必要があります。成功を手に入れるためには、まず死なないことが大切です。

最低限でも資金計画を立てておけば、将来の不確実性に備えたり、安心して決断を下せるようになります。創業初期は収益を上げることで精一杯かもしれませんが、資金計画を立てることを後回しにしてしまってはいけません。なぜなら、現金を使い果たし、新しい資金を獲得することができなければ、倒産してしまうからです。

資金計画を立てる上で忘れてはいけないこと

資金計画を立てる上では、以下の点を忘れないようにしましょう。

1. 入金タイミングを正確に把握する

例えば、B2B SaaS を提供する場合、クレジットカードを決済方法に指定することも多いでしょう。この場合、入金サイクルが月末締めの翌月末払いになることが一般的だと思います。つまり、自分の会社口座にお金が振り込まれるのは翌月末になるということです。入金のタイミングを勘違いしてしまうことのないように注意しましょう。

2. コストの増大を勘案しておく

サービスが成長すると、その分サーバー費用が増えることもあれば、社内で使っているサポートツールのライセンス費用がかさむこともあります。人件費などに比べれば微々たるものかもしれませんが、あらかじめ資金計画に勘案できるので、しっかりと抑えておく必要があるでしょう。

3. 余裕を持つ

ゆとりのある資金計画を立てることが大切です。財務経験がなく、CFOもいない場合、勘案しておくべき費用を勘案し忘れてしまうこともあります。創業初期は不確実性も高いため、楽観的すぎる計画は禁物です。資金計画を立てる際は、慎重さが大切になるでしょう。

おわりに

今回は、バーンレートなどの言葉について触れ、資金計画を立てる上で抑えておきたい3つの点について触れました。 経営を安定させるためにも、収益と費用のバランスに注意を払い、バーンレートを極力上げないことが大切でしょう。私も自宅兼オフィスとすることで、極力お金がかからないようにしていました。お金を使う際も、選択と集中が大切です。